ご訪問ありがとうございますm(__)m

「お肌アドバイザー」のおかちゃんですが 今まで何でも手早くする事が良し!とした人生を送って来ましたが
65歳を過ぎ、一番苦手な「慌てない慌てない」「一休み一休み」と 一休さんのフレーズを心掛け、好奇心旺盛な性格を前面に出し 趣味&時々仕事を楽しみながらスローライフを満喫したいと思います。

以前のブログ( こちらからどうぞ)は容量が一杯になったので
「おかちゃん3」としてこちらにお引越ししました。
今後ともよろしくお願いします
おたよりはこちらから
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


QRコード
QRCODE

2015年04月09日

演劇観賞

昨夜はお友達に誘ってもらって

演劇鑑賞に〜



いじめにあった生徒が自殺した所から舞台は始まり

被害者と加害者の双方の親から矢面にさらされる教師たち

子供達のいじめを通して、それぞれの親の「顔」が浮き彫りになる

作者の畑澤聖悟氏は青森県の高校の現役教師です

ある日、いじめを苦に自殺した子どもの葬儀で

そのいじめをしたらしい生徒が笑っていたという話を聞いた時

被害者や家族たちは報道などで表に晒されるが

一切表に出てこない加害者やその家族は

ひとりの命が失われたこのことをどう感じているのか

保護者を通して探ってみたいと思ったそうです



親は自分の子を完全に庇い守ろうとするだろう

その時そこに表れてくる

人としての「正義」が揺らぐ瞬間を描いてみたい"と

この作品が創られたそうです

いじる側、いじめられる側、

どちらであっても親としてどう対応すれば良いか

とっても考えさせられました

作者の描きたかった事がぐさぐさと胸に突き刺さって来て

とっても見応えがありました



久し振りに友達とも会えて

色々お話も出来て良かったわ(*^^*)

ありがとうございました

  


Posted by おかちゃん at 21:59Comments(0)雑記